意外と重要!ATFの交換時期や交換の必要性を紹介

意外と重要!ATFの交換時期や交換の必要性を紹介

ATFとはギアのオートマチックシステムに使われているオイルのことです。

そんなATFですが、「エンジンオイルのように定期的に交換は必要なのか」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ATFの必要性や役割、ATFの交換時期についてご紹介します。ATFについて詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ATF(オートマオイル)とは

ATFとは「オートマチック・トランスミッション・フルード」の略称で、オートマオイルとも呼ばれています。お店によって使用されている言葉が違います。

一般的に、新品状態のATFはキレイな赤色をしており、汚れによってどんどん黒ずんでいきます。また、ATFはオイルの種類の中でもとても多くの量を使うので容量が多く、一般的な日本車のエンジンオイル 容量の2倍以上もあることが特徴です。

ATFの3つの役割

ATFには大きく分けて3つの役割があります。それぞれの役割について紹介していきます。

エンジンの動力を伝達する役割

エンジンからの動力をトルクコンバーターによってATFに伝えて、ATFは液体としての流れによってATミッションへ動力を伝えます。

トルクコンバーターとは、エンジンの動力をギアに伝える装置で、マニュアル車のクラッチとトランスミッションの働きの一部を同時に行うような働きをします。

ギアを摩擦から保護する役割

AT車のシフトチェンジは、薄い摩擦板を何枚も重ねた湿式多板クラッチを何枚も使用して行っています。ATFには潤滑作用があるので、このクラッチの摩擦材となったり、ギアの潤滑を行う役割を果たしています。

自動変速をするための必要な油圧作動の役割

AT車のシフトチェンジは、車の速度やアクセルの踏み込み量などによって油圧制御が細かく行われています。この油圧制御装置の作動油としてもATFは使用されています。

ATFの交換時期と注意点

ここからは、ATFの一般的な交換時期と交換するときの注意点について紹介していきます。

一般的なATFの交換時期

かつてはATFの交換時期は、走行距離が2万km~3万kmごと交換が一般的でした。しかし、現在ではメーカーや車種によっては、「10万km毎」の交換を推奨しています。その理由としては、車の性能が向上したことによって10万km程度までなら、オートマオイルを交換しなくても不具合が起こることがなくなったためです。

とはいえ、2~3万km毎にきちんとオートマオイルを交換していれば問題ないですが、6~7万kmまで無交換で走ってから交換すると、かえって不具合が出やすくなってしまいます。そのため、車を長期間に渡って万全の状態で乗り続けるためにも2万km~3万km毎に交換することをおすすめします。

ATFを交換するときの注意点

ATFを交換する場合は、ご自身で交換するのではなく、信頼できるプロに任せることをおすすめします。

ATFは、不用意に交換することで故障してしまう可能性もあります。ATFはとても複雑な作りになっており、本来はホコリやゴミなどが一切入らないような設計になっています。それだけ容易に触るべきでない、細心の注意を払う必要がある部分です。

またATFは、長年の走行で金属部品が磨耗してできた粉などの不純物が、オイルの中にたくさん沈殿してしまいます。その状態でATFを交換すると、蓄積していた磨耗粉が再循環してしまい、バルブや油圧経路を詰まらせてしまうなどのさまざまなトラブルを引き起こす要因になってしまいます。

ATFの交換はメーカーのディーラーで行う

ATFは基本的に、各メーカーの純正品が相性がよいです。また、すでに使用されているATFと同じものを交換することで、不具合が出ることが少なくなります。

そもそも、ATFはエンジンオイルと違い、車種や形式によって同じメーカーだとしても、使っているATFの種類が違うことがあります。そのため、間違って違うATFを使用してしまうと、大きな修理を行うことになりかねます。よって、メーカーのディーラーにATFの交換をお願いしたほうが、安心感が高くなります。

ATF(オートマオイル)の交換の必要性

ATFの交換を長期間行わないと、以下のような不具合を発生する可能性が高くなります。

  • 発進、加速時の性能低下
  • ギアチェンジしたときのショックが大きくなる
  • 燃費が悪くなる
  • 最悪の場合ATが故障して走行不能になる

ATFを長年交換せず、トランスミッションが故障してしまった場合は、修理代に多額の費用がかかる場合が多いです。このような故障を考えると、ATFは定期的な交換が必要になります。

まとめ

意外と重要!ATFの交換時期や交換の必要性を紹介

ATFは交換せずに放置しておくと、燃費が悪くなったり、変速時にショックが大きくなってしまうので、定期的に交換することが必要です。

「有限会社アルカディア」では、車のことを細部まで知り尽くしたプロフェッショナルがお客様の愛車のATFを丁寧に交換致します。大阪市周辺でATFの交換を検討中の方は「有限会社アルカディア」にお気軽にご相談くださいませ。