オイル交換のタイミングとは?エンジンオイルの役割も紹介!

オイル交換のタイミングとは?エンジンオイルの役割も紹介!

エンジンオイルの定期的な交換は、エンジンを保護するとともに車を安全に運転するためにも欠かせないメンテナンスです。

しかし、「オイル交換っていつすればいいんだろう」「オイル交換って必要なの」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、オイル交換の重要性やオイル交換のタイミングについてご紹介します。エンジンオイル交換について詳しくない方は、ぜひ一読ください。

エンジンオイルの5つの役割

エンジンオイルのコンディションを良い状態で保つことによって、エンジンを長くベストな状態で保つことが可能です。エンジンオイルには主に以下のような5つの役割があります。

  • 冷却作用
  • 潤滑作用
  • 密封作用
  • 防錆作用
  • 洗浄作用

まずは、それぞれの役割について解説していきます。

冷却作用

エンジン各部は、燃焼や摩擦によってとても高温な状態になっています。そういったエンジンの熱を吸収して、本体を冷やすといった役割をエンジンオイルは果たしています。

また、高速走行を目的としたスポーツカーやレーシングカーなどのエンジンは、通常のエンジンよりも高温になる傾向があるため、オイルクーラーなどが取り付けられる場合もあります。

潤滑作用

エンジン内部ではピストンやシリンダーのように金属と金属が接触して、擦れあっています。しかしエンジンオイルがない状態で金属同士が擦れ合うと、摩擦熱によってあっという間に焼き付いてしまいます。エンジンオイルには、金属同士の磨耗や焼き付きなどを軽減し、少しでも効率的に力を伝達させるためにエンジン内部を潤滑する役割を果たしています。

密封作用

エンジンには「シリンダー」と「ピストン」という部品が使われています。このシリンダーとピストンは完全に密着しているのではなく、わずかな隙間があることによってピストン運動を可能にしています。エンジンオイルには、このわずかな隙間に入り込み爆発エネルギーを密閉、爆発のガスの吹き抜けを防止する役割があります。

防錆(ぼうせい)作用

エンジンの高温部分と外部の常温との差が激しくなるので、水分(水蒸気)などが発生しやすい環境になっており、それがサビの発生原因になっています。エンジンオイルは金属表面に膜を作り、水分などが直接触れないようにして、エンジン内部にサビが発生するのを防ぐ役割も担っています。

洗浄作用

エンジンの中で燃料が燃えると「スラッジ」や「スス」などの汚れが発生します。スラッジが長期間エンジン内部で溜まっていくと、細いオイルの通り道を塞ぎ、エンジン部品の正常な動きを妨げてしまう原因になります。

エンジンオイルは、汚れが特定の場所に溜まらないように自ら汚れを吸着して、エンジン内をキレイに保っています。エンジンオイルが黒く変色するのはエンジン内が汚れる代わりに、汚れを取り込んでいるためです。

オイル交換のタイミングとは

エンジンオイルの交換タイミングは、車種やタイプや車の乗り方によって異なります。

一般的なエンジンオイルの交換タイミングの目安は下記の通りです。

車種 交換の目安(距離) 交換の目安(時間)
軽自動車(ターボ車) 5,000km 6ヵ月
軽自動車(普通車) 10,000km 6ヵ月
ガソリン車(ターボ車) 5,000km 6ヵ月
ガソリン車(普通車) 15,000km 1年
ディーゼル車 5,000~10,000km 1年

しかし、車を普通よりも過度に使っていると思う場合は、これよりも早いタイミングでオイル交換をおすすめします。

悪路走行やエンジンの状態によっては早めの交換がおすすめ

オイル交換は遅くなると不具合になることはたくさんありますが、早くしたからといって悪いことは何もありません。

特に、アウトドアなどで悪路走行の機会があったり、短距離走行やロングランが多かったりする場合は、エンジンに負担がかかりやすくなります。そのため、車の用途とエンジンの状態によっては、交換時期よりも早めに交換するようにしましょう。

たまにしか乗らない車でもオイル交換をすること

たまにしか乗らない車であれば、オイル交換が必要ないわけではありません。エンジンオイルは経年劣化するため、定期的に交換する必要があります。

たまにしか乗らない車はだいたい、近場にしか行かなく、その場合はエンジンが温まらないうちにエンジンを切るということになります。これはエンジンオイルにとっては良くないことなので、たまにしか乗らないからといってオイル交換を怠ってはいけません。

2年に1度の車検のときのみにオイル交換を行うのではなく、「1年に1回」はオイル交換をしましょう。

まとめ

オイル交換のタイミングとは?エンジンオイルの役割も紹介!

オイル交換が面倒だからと怠っていると、エンジンの性能が低下したり、故障を招いて修理したり買い替えたりなど、かえって費用が高くなってしまいます。愛車を長く乗るためにも、愛車に合ったタイミングでオイル交換を行うことが大切です。

大阪市周辺でオイル交換を検討中の方は「有限会社アルカディア」にぜひお越しください。当店では、オイル交換だけでなく、タイヤ交換、チューニング、ドレスアップなど幅広いサービスを行っております。